三角猫の生態

楽しく貧乏に暮らすための工夫とか節約術とかを書いています。

楽しい貧乏な買い物:タッパーは買うなファミリーサイズのアイスを買え

タッパーというのは食材を保管しておくのに便利で、百円ショップでは様々なタッパーを売っている。しかしわざわざタッパーを買うのはちょっと待ってほしい。貧乏人ともあろうものが中身が入っていないものを買うのは贅沢ではなかろうか。というわけで、タッパーが必要になったときには2リットルのファミリーサイズのアイスを買うとよい。そうすると実質的にプラスチック容器代のぶん100円引きでアイスとタッパーが買えることになる。これは紙箱入りのアイスを買うよりもだいぶお得である。

●ファミリーサイズのアイスの容器の利用法

・冷凍庫の整理用
ファミリーサイズのアイスの容器は実に良くできていて、2リットルのアイスが入ってるだけあって大容量でけっこう頑丈だし、大きさも冷凍庫のサイズにぴったりである。ということは、肉とか魚とか大きくてかさばるものを冷凍してストックしておく容器としてちょうどよいのである。
私は毎週水曜日に100g40-50円くらいのセールになっているとり胸肉を買い溜めして、一食分(指三本分程度)のサイズに小分けして塩をまぶしてからラップに包んでファミリーサイズのアイスの容器に入れて冷凍している。かさばるぶなしめじとか油揚げとかもそのまま容器に入れて冷凍保存できる。

・大食いの人の弁当箱
野球部や柔道部の高校生は体格を大きくするためにとにかく大食いをするように指導されていて、弁当箱の重さを量る学校もあるそうで、普通のサイズの弁当箱では小さすぎると運動部の子供を持つ親は苦労しているようである。そんなときにはファミリーサイズのアイスの容器に白米やチャーハンをどっさり詰め込んで弁当の重量を増やすことができる。弁当箱がわりとして使う場合は本物の弁当箱に比べてふたが外れやすいので、汁気があるものは入れず、ゴムバンドでふたをとめて風呂敷でつつむとよい。

・豆苗用プランター
豆苗に水をやって室内で栽培するための簡易プランターになる。ただし日光に当てるとプラスチックが劣化してもろくなるので、他の植物を育てるための本格的なプランターとして野外で長時間使うのには向かない。

・小物入れ
ファミリーサイズのアイスの容器は普通のタッパーよりも大きいので、ゲーム用のコントローラーとかのちょっとかさばるようなものでも収納できる。収納だけならダンボールでもできるけれど、ファミリーサイズのアイスの容器はプラスチックなので防水性があるし、ふたがきっちり閉まってダニや虫がつかないので、ダンボールより衛生的である(ただし当然のことながらアイスを食べ終わった後にはよく洗って乾かす必要がある)。
それに100円ショップのタッパーや小物入れはときどき品揃えが変わって同じ大きさで揃えられなくなることがあるけれど、一方でファミリーサイズのアイスはあまり種類がなくてスーパーで同じメーカーのものをずっと売っているので容器のサイズを揃えて整理整頓しやすい。

・料理や掃除などの日常使い容器
大きい肉の塊を調味料に漬け込んで味付けする容器にしたり、釣り用の撒き餌を混ぜる容器として使ったり、絵の具の筆を洗うバケツ代わりにしたり、ぞうきんを他の洗濯物とわけて漬け置き洗いするタライ代わりにしたり、ゴミ箱にしたり、ペンキやニスを塗るときの筆置きにしたり、家族全員がノロウイルスに感染してトイレがふさがっていてうんこが間に合わないときの緊急用のおまる代わりにしたり、アイデア次第で何にでも使える。どうせアイスの容器なので汚して捨てても惜しくないので使い勝手がよい。

●ファミリーサイズのアイスの容器の欠点

欠点としては、ファミリーサイズのアイスを食べ終わるまで結構時間がかかってすぐにタッパーが必要なときには使えなかったり、アイスを食べ終わった後に容器をよく洗わないとバニラの匂いがしたり、透明のタッパーと違って容器の中が見えなかったり、容器に直接アイスの印刷がしてあってデザインがださいことだけれど、あまり気にするほどの欠点ではない。所詮アイスの容器なので過度な期待をしてはいけない。

ちなみにアイスの食べ方としては、私はバニラ味のアイスにチョコフレークやフルーツグラノーラを混ぜて食べるのがおいしくてコスパもよくて好きである。しかしあまりにおいしかったので朝食代わりにばくばく食べていたらすぐに太ってしまったので、バニラアイスとチョコフレークの組み合わせは封印した。私はファミリーサイズのアイスの容器が二つあれば冷凍庫の整理用としては十分なので、今使っている容器が壊れるまではファミリーサイズのアイスは買わない。