三角猫の生態

楽しく貧乏に暮らすための工夫とか節約術とかを書いています。

楽しい貧乏な買い物:食べ物を安く買って節約するテクニック

学生や新社会人が一人暮らしを始める季節なので、貧乏生活の初心者向けに食べ物をできるだけ安く買って節約するテクニックを紹介することにする。

・小分けされたものより大袋を買う

食べ物は小分けされるとそのぶん梱包コストや管理コストが余計にかかって価格が高くなるので、なるべく大きいものを買うほうが節約になる。たとえば4個1セット100円のヨーグルトは1個70gくらいで、4個で280gである。一方で小分けされていないヨーグルトは1個400gで100円である。小分けされているのは食べやすいけれど、小分けされていないもののほうが量が多く食べられる。

共同購入する

食べやすいサイズにカットした野菜よりカットしていない野菜のほうが安いし、ばら売りよりも箱単位で売っているもののほうが安い。しかし白菜1玉とかトマト段ボール1箱とかを買っても量が多すぎて一人では食べきれない場合、友人と共同購入して分けることで節約することができる。共同購入で少し安くなるといっても必要のないものを買うのでは無駄遣いになるので、共同購入する相手とけんかしないように何を買いたいかをよく話し合う必要がある。

・訳あり品を買う

割れたせんべい、スポンジケーキの切れ端、曲がったきゅうり、二股になった大根、ふぞろいのナスなどは見た目は悪くても味や栄養には問題ない。大手スーパーだと訳あり野菜は売っていないけれど、八百屋だと規格外の訳あり野菜を安く大量に売っていることがあるので、近所の商店街に八百屋がある場合は新規開拓してみるとよいかもしれない。

・見切り品を買う

グレープフルーツとかスウィーティーとかの皮が厚い果物は皮が傷んでいても中身は無傷なことが多いので、見切り品として値下げされていたらお買い得である。キャベツや白菜とかの葉物野菜は外側の葉が痛んでいても内側が無事なら食べられる。ニンジンやジャガイモなどの根菜は痛んだ部分を切り落とせば食べられるので、捨てる部分と値段との釣り合いを考えて買うとよい。規格品を決まった値段で並べるだけのスーパーよりも八百屋のほうが野菜や果物の目利きができるぶん見切りが早くて店長の裁量での値引き幅が大きいので、八百屋の見切り品は狙い目である。管理状態が悪いスーパーだと食べられないようなくらい腐りかけたものを見切り品として売っていることもあるので、そういうのは買うだけ金の無駄なので買わないほうがよい。

・賞味期限間近の安売りされたものを買う

お菓子やジュースなどは賞味期限間近になるとしばしば安売りされているけれど、賞味期限をちょっとすぎた程度なら十分おいしく食べられる。賞味期限間近のものはいつでも売っているわけではないので買えるかどうかは運次第だけれど、もしスーパーで大量発注した商品や不人気な新商品が売れ残っているようなら在庫処分で投売りされるかもしれないので、もし欲しくてもすぐに買わずに賞味期限当日まで様子見するという作戦もある。

ちなみに賞味期限と消費期限では意味が違う。賞味期限が切れた食品はまだ食べられるけれど、消費期限切れの食品は傷んでいる可能性が高いので食べるときには気を付けるほうが良い。

・試供品を買う

ちょっぷるとかのサンプル販売サイトで試供品を安く売っていて、新商品や人気がなくて在庫が余ってるようなお菓子やジュースを安く買える場合がある。味よりも量を重視する人向けである。

・既製品を買うより安い食材を組み合わせて自分で作るほうが安い

食材を混ぜるだけで簡単に作れるような食べ物は、自分で作るほうが既製品を買うよりも安上がりになる。たとえば果物入りのヨーグルトは小さいうえに高いけれど、1個100円のヨーグルトに1本20円のバナナを入れば安くて大量の果物入りヨーグルトを作ることができる。チョコ入りのアイスは量が少なくて高いけれど、2リットル400円のファミリーサイズのバニラアイスに1袋100g80円のチョコフレークをまぶせば、大量のチョコ入りアイスを作ることができる。

・特売日を把握する

いつも売っている食品でも特定の曜日だけ安くなっていることがあるので、特売日を把握しておくと安く買える。火曜日だけ肉が安いとか、木曜日だけ卵が安いとか、土曜日だけヨーグルトが安いとかである。スーパー側は仕入れの前に在庫を減らしておきたいとか客足を増やしたいとかの事情があるのだろうし、これを利用しない手はない。東京だと大田市場の青果部は日曜日と水曜日が休業日なので、仕入れができないせいか水曜日が特売日になることはあまりないようで、たいてい月曜日に100円均一セールとかをやっている。

スーパーの創業〇周年記念は一週間くらい特売になることがあるので、いくつかのスーパーの創業時期を覚えておくと、普段は高くて行かないようなスーパーでも一時的に安く買えることがある。
スーパーの閉店セールだと在庫を売り切るために調味料とか缶詰とかの賞味期限が長くて普段はあまり割引されないようなものも半額になったりするので、閉店する店があったら要チェックである。

・同じ食品でもスーパーによって値段が違うので安い店で買う

たとえば私が普段買っているBifixヨーグルトはあるスーパーでは毎週土曜日に99円でセールになるけれど、別のスーパーだと毎日108円で売っていてそれ以下の値段にはならないので、私は安いほうの店で買っている。乳製品は一年を通してほとんど値段の変化がないし、特売にもなりにくいし、繰り返し買うものなので、普段から安い店で買うと長期的にみて節約になる。

・同じチェーンのスーパーでも店舗によって値段が違うので安い店で買う

たとえば駅前にあって深夜1時まで営業している便利なスーパーと、駅から離れていて11時に閉店する不便なスーパーだと、駅から離れた店のほうが同じセール品でも10円安かったりするので、私はちょっと遠出して安いほうの店で買い物している。都内なら徒歩や自転車で行ける距離にチェーン店の別の店舗があったりするので、行動範囲内に同じチェーンの店があったらチラシの値段を比べてみるとよい。

・店ごとの割引の特徴を把握する

店によって賞味期限ぎりぎりまで割引シールを貼らない店とか、段階的に割引シールを貼って売り切ろうとする店とか、朝の開店直後に割引が豊富にある店とか、在庫入れ替えの割引品がワゴンにまとめられている店とか、いろいろ特徴がある。一人暮らしで買ってすぐに食べるものなら割引されたものを買うほうがお得なので、店に行く時間帯を変えて割引の特徴を把握するとお得に割引品を買える。

・定期券を活用して店を新規開拓する

通勤や通学で定期券を使う人は通勤途中の駅で降りて商店街を散策して個人経営の肉屋や八百屋を開拓すると、家の近所のスーパーで買い物をするよりも安く買える場合があるかもしれない。仕事帰りの疲れている時には知らない店を新規開拓する手間を面倒くさがって家の近所の同じ店に通いがちになるけれど、新規オープンした安売り店を見落としたりすると長期的にみて損をするので、行動範囲内にどういう店があるかは一通りチェックしておくとよい。

 

というわけで、これから進学や就職のために引っ越す人は、4月に学校や仕事が始まって忙しくなる前に暇な時間を使って安売りしている店を開拓して節約するとよいですよ。

楽しい貧乏なDIY:ダイソーの300円のアルティメットコンテナで格安アルティメットPCケースを自作するんだ

Windows10用のパソコンを新調した時に、今までメインPCとして使っていたPCケースに新しいパーツを入れたので、古いパーツが余ってしまったのである。OSがWindows7の32ビットで、マザーボードGIGABYTE H55M-USB3で、CPUがcore-i3 540で、メモリが1GB×4で、2011年頃から使っていたポンコツなので売っても値段がつかないけれど、まだ動くので捨てるのはもったいない。しかし市販のPCケースは安くても3000円以上するし、このポンコツのためにわざわざPCケースを買いたくない。そんなときに下の記事を見つけた。

netank.net

どうやらダイソーで300円で売っているアルティメットコンテナのLサイズのやつがmATXのマザーボードと電源を置くのにちょうどよいサイズなので、アルティメットコンテナをPCケースに改造してアルティメットPCケースを作ってみることにした。

●必要なもの

・アルティメットコンテナのLサイズ

横置きケースとしてそのまま使うなら1個でも十分だけれど、上部にふたが欲しい場合は2個買うとよい。

・電源スイッチ

市販のPCケースはおしゃれなLEDの電源オンオフのスイッチがついているけれど、PCケースをDIYする場合は自分で電源のスイッチを用意しないといけない。

・スペーサーとねじ

自作をしている人ならマザーボードを取り付けるためのスペーサーやねじが余っているかもしれないけれど、持っていないなら買わないといけない。

●あったら便利なもの

・隙間テープ

マザーボードをねじで固定すると、ねじの頭が底面から突き出すような形になってそのまま床や机に置くと傷がつくので、隙間テープを張ると傷がつかなくなる。私はキャンドゥのEVAタイプの隙間テープを使った。

・USBハブ

USBを抜き差ししにくい構造なので、USBハブを使ってUSBメモリとかを抜き差しすると使いやすくなる。

・USB無線LAN

LANケーブルも抜き差ししにくいので、USB無線LANをUSBハブに刺しっぱなしにしておくと便利になる。GearBestだとUSB Wi-Fi adapterが500円くらいで売っている。

・USBサウンドカード

音声出力ケーブルも抜き差ししにくいので、USBサウンドカードをUSBハブにつなげると便利になる。GearBestだと100円くらいで売っている。

●作業のポイント

私はパソコンがいらなくなったときはアルティメットコンテナはそのまま小物入れとして使いたかったので、なるべく原型を壊さないようにPCケースに改造することにした。

マザーボードにスペーサーをつけてねじで固定する

私はスペーサーを普通とは逆向きに取り付けて、下側にねじ穴が来るようにした。とりあえず二か所だけ固定すれば十分だろうと思って、底面のねじ穴が合うところを見つけてねじをしめてマザーボードとケースを固定した。もっとちゃんと固定したい人はスペーサーの位置に合わせてねじ穴をあけてやって数か所固定するとよいかもしれない。ねじ頭で机や床に傷をつけたくない人は、次の作業に進む前に底面に隙間テープを張るとよい。私は机に傷がついたのに気づいてから慌てて隙間テープ張った。

f:id:catriangle:20190223110955j:plain

SSDは横に固定する

SSDは軽いのでねじでプラスチック部分を挟むようにして二か所固定したら十分である。もっとちゃんと固定したい人は、薄いプラスチック板や厚紙にねじ穴をあけてコンテナとねじの間に挟んで四か所ねじをしめるとよい。

f:id:catriangle:20190223111028j:plain

・電源は置くだけ

ATX電源は大きくてもサイズが150x160x86mmで、アルティメットコンテナの高さ16センチにぴったり収まる。私の配置だと電源を持ち上げないとLANケーブルの抜き差しができないので、電源はあえて固定しないで、横ずれ防止に底にねじを一本入れる程度にしておいた。電源ケーブルを結束バンドで横面にしばってあって電源がマザーボードにぶつかるということはないので、私の使い方なら電源を固定しなくても十分である。

f:id:catriangle:20190223111102j:plain

・ケーブル類を通す穴を開ける

これはニッパーで横をちょっと切ればよいので簡単である。私がアルティメットコンテナの原型を破壊したのはこの部分だけだった。

f:id:catriangle:20190223111132j:plain

●アルティメットPCケースのメリット

・安い

とにかく安く古いパーツを活用できるのが一番のメリットである。私はスペーサーや電源スイッチは手持ちのやつを使ったので、かかった費用はアルティメットコンテナ1個分の300円だけだった。そもそも安さにメリットを見出せないならアルティメットコンテナでPCケースをDIYをする意味がない。最安値のPCケースといってもよいくらいアルティメットな値段である。

・持ち手がついている

持ち手がついているので持ち運ぶのに便利である。この点は市販のPCケースよりも優れている。

・改造しやすい

プラスチックがけっこうやわいうえに隙間だらけなので、加工しやすいし、結束バンドも結びやすい。アルティメットコンテナは安いので失敗を気にせずに思う存分改造できる。DIYに正解はないし、思いついた自分のアイデアをすぐに試せるのは面白い。

・ケースのサイズをそろえられる

市販のPCケースはすぐ廃版になったりしてケースのサイズが不揃いになることがあるけれど、アルティメットコンテナならケースのサイズをそろえて重ねることができるので、押し入れにしまうときも整理しやすい。

●アルティメットPCケースのデメリット

・常時使うのには向いていない

見てわかるようにケースが隙間だらけでファンの音がだだ洩れだし埃が入りまくりなので、部屋に置きっぱなしにして普段使いするのには向いていない。ソフトウェアの検証用とか、メインPC故障時のバックアップ用とか、普段は押し入れにしまっておいてたまに使うサブPC向けである。

マザーボードのサイズや配置によっては使えなくなる入力端子がある

私はなるべくケースに穴をあけたくなくて電源側に入力端子が来るようにマザーボードを配置したので、USB3.0ポートと電源との間が狭くて使えなくなったし、グラボも使えない。ケースに穴をあけてもいいという人は、マザーボードの向きを変えて横面に穴をあけてケーブルを抜き差しできる配置にするとよい。

・パーツがしっかり固定されていない

マザーボードがしっかり固定されていないので、ケースに入れたままパーツ構成をいじるのには向いていない。最初にパーツ構成を決めてからマザーボードをケースにとりつけるとよい。


というわけで、mATX用の格安PCケースが欲しいという貧乏な人はダイソーのアルティメットコンテナのLサイズでアルティメットPCケースを作ってみるとよいですよ。

楽しい貧乏な食事:貧乏人は魚肉ソーセージを食べるんだ

魚肉ソーセージは生でも食べられて、輪切りでも細切りでも形が自由に切れて、開封前は常温で数か月保存できるのですごく便利な食品である。

●魚肉ソーセージの食べ方

・そのまま食べる

魚肉ソーセージはすでに味がついているので、そのままでご飯のおかずにできる。小腹がすいたときのおやつにしてもよい。酒のつまみがないときにつまみにしてもよい。

・炒め物に入れる

魚肉ソーセージを細かく切って炒めるとチャーハンにあう。細切りにして焼きそばやお好み焼きに混ぜてもよい。冷凍した豚肉を解凍するのが面倒なときには便利である。

・パンにはさむ

半分に切ってトーストに挟んだり、コッペパンに挟んでギョニソドッグにしたりすると、手軽に炭水化物とたんぱく質を補給できる。魚肉ソーセージの表面をカリカリに焼くと食感が肉っぽくなってソースにも合う。

・ポテトサラダに入れる

ポテトサラダに細かく切った魚肉ソーセージを入れると味や食感のアクセントになる。それに魚肉ソーセージはハムより若干塩分が少ないしカルシウムがあるので、健康のためにサラダを食べる人にはハムより魚肉ソーセージを入れるのがおすすめである。

・天ぷらにする

天ぷらのタネが足りないときは魚肉ソーセージで一品増やすことができる。衣だけ揚げればよいので、ちゃんと火を通さないといけない野菜の天ぷらよりも簡単に作れる。

●私のおすすめの魚肉ソーセージ

魚肉ソーセージは大体同じ形で似たような赤い袋に入っていて見分けがつかないけれど、商品ごとに味が違う。私がおすすめするのはニッスイの魚肉ソーセージである。ソーセージがフィルムから取り出しやすいし、留め具も金属でないのでそのまま燃えるゴミに捨てられるし、味は加工食品ならではの調味料のクセが少なくて、プリプリして食べやすい味付けと食感になっている。近所のスーパーでは「北海道ソーセージ」は60g×5本が168円(税抜き)、「おさかなのソーセージ」は75g×4本で128円(税抜き)で売っているので、どっちかを買う。「北海道ソーセージ」はプリプリ感が増して贅沢な感じである。

マルハの「フィッシュソーセージ」は昔ながらの魚肉ソーセージという感じで、端っこの留め金が金属で区切ってあってごみの分別が面倒で、フィルムがはがしにくくてソーセージがちぎれたりこびりついたりするし、食感がぼそぼそ系で癖のある味付けで口の中に後味が残るので私の好みでない。マルハの「フィッシュソーセージ」は近所のスーパーで111円(税抜き)で売っていたけれど、私はちょっと高くてもニッスイの「おさかなのソーセージ」のほうを買う。

というわけで、魚肉ソーセージは安くて栄養があって貧乏人向けの食材なので、食材のレパートリーに加えてみるとよいですよ。

楽しい貧乏な節約:「ながら」を活用して時間を節約するんだ

誰でも平等に1日には24時間しかないけれど、時は金なりで、金持ちのほうが有効に時間を使える。金持ちは人を雇って仕事とか運転とか家事とかいろいろな作業をさせることができるけれど、貧乏人は自分で雑事をこなさなければならず、貧乏暇なしでいつまでも貧乏から抜け出せなくなる。時間を作ろうとして睡眠時間を削るのも体調に影響するのでよくない。そこで、何かをしながら他のことも同時にこなせるようになると効率よく時間が使えるようになる。

●行動を「仕事」「作業」「勉強」「休憩」「娯楽」に分ける。

仕事と作業の違いは、金を稼げる行動が仕事で、金を稼げない家事とか確定申告とかの行動が作業である。私の場合は間違ったら困る仕事と役所の手続きとかの作業は一つの事だけに集中して、間違ってもいい掃除とかの単純作業、勉強、休憩、娯楽はいくつか同時にやる。例えば以下のように行動する。

買い物しながら考え事をする(作業+娯楽)
電車に乗りながら本を読む(作業+娯楽)
料理をしながらラジオを聴く(作業+勉強)
ご飯を食べながら動画を見る(娯楽+娯楽)
動画を見ながらブラウザゲームをやる(娯楽+娯楽)
動画を見ながらギターの練習をする(娯楽+娯楽)
筋トレしながら本を読む(作業+娯楽)
ストレッチしながら歯を磨く(休憩+作業)
うんこしながら英単語を覚える(休憩+勉強)
半身浴しながら読書しながらコーヒーを飲みながら音楽を聴く(休憩+娯楽+娯楽+娯楽)

こういう時間の使い方は大人だけでなくて子供にも有効である。子供は金持ちの子だろうが貧乏な子だろうが学校ではたいてい勉強と部活しかやることがないし時間割も同じだけれど、家でどう過ごすかで成績が変わってくる。
例えば高校生が部活をして夕方に家に帰ってきて、夕飯の後にテレビを見るのに1時間使って、風呂に入るのに30分使って、風呂上がりのストレッチや歯磨きに30分使うような時間の使い方はもったいない。防水テレビや防水ケースに入れたスマホを使って風呂に入りながら30分テレビを見て、風呂上りにストレッチや歯磨きをしながら30分テレビの続きを見れば、本来2時間かかる行動を1時間でこなして1時間余分な時間ができて、その分を勉強に使える。
子供のうちはこういうタイムマネジメントを意図的にやる人と、無計画にだらだら過ごしている人では勉強でも部活でも差がつく。1日30分や1時間でも、それが1年や2年積み重なったらもうその時間差は容易に埋められなくなる。特に記憶力が必要な英語や歴史などの分野は何度も反復して記憶を定着させることが必要になるので、地頭の良さだけでなく毎日ちょっとずつ勉強する時間の使い方が重要になる。高校三年生になって大学受験に備えて慌てて勉強時間を増やして一気に知識を詰め込もうとしても遅いのである。

さて時間を効率よく使っているのになぜ私は貧乏なのかというと、余暇を読書やゲームやギターの練習とかの金儲けにならない娯楽に使ってしまったのだった。貧乏になりたくない人は仕事や勉強のために時間を使うとよいですよ。

楽しい貧乏な健康管理:貧乏人は栄養失調に気を付けるんだ

人間は塩分と水分があれば何も食べなくても数日は生きられるそうだけれど、逆にいうと塩分と水分が足りなくなるといろいろな病気のもとになる。

●貧乏人が粗食しているとミネラルが足りなくなる

私が学生の頃に貧乏な生活を始めて直面したのが原因不明の体調不良で、頭がぼんやりしたり力が入らなかったり鼻血が一時間止まらなかったり狭心症っぽい心臓がぎゅうーと縮むような痛みがあったりして様々な症状がでて難儀していた。大学の健康診断もあったけれど、まともに診察する気がない怠慢な藪医者が診察して、心臓が痛いと言っても気のせいだと言われて体調不良の原因がわからなかった。それ以来は私は医者は信用しないことにした。
そんなときににがりというミネラル豊富な食材があるのを知って、もしかしたらミネラル不足かもしれないと思ってにがりをコーヒーに数適入れて飲むようにしたら謎の体調不良がなくなった。医者の診断がないので確かなことはわからないけれど、にがりで体調がよくなったということはおそらく原因はミネラル不足だったようである。
私は蒸したジャガイモとかドレッシングなしのサラダとかゆで卵とかの薄い味付けの質素な料理を自炊して食べていて、高い加工食品を避けていたので、肉や野菜はちゃんと食べていたのに慢性的な塩分不足になっていたようである。現代人は塩分過多だと言われているせいで、いまどき塩分不足になるというのは盲点だった。
夏は熱中症にならないように意識的に塩分をとっていたのでまだましだったけれど、冬は起立性低血圧で風呂上がりにしょちゅう立ちくらみになってふらふらしていて、これもたぶん塩分不足が原因じゃないかと思う。男性は胃や腸で出血でもしないかぎり貧血になりにくいようで、となると立ちくらみの原因は鉄分不足で貧血になっているというよりは低血圧が原因で、塩分不足で血圧が低すぎて頭に血液や酸素がうまく運ばれていなかったわけである。
というわけで私は貧乏でも塩分にはこだわるようにしている。食塩は塩化ナトリウムだけしか入っていないけれど、海水から作った天然塩は他の種類のミネラルも入っているので、数百円高くても天然塩を買うようにしている。あと私はコーヒーが好きなので、コーヒーににがりを数適入れて塩化マグネシウムを補給するようにしている。にがりが体に悪いという情報もあるようだけれど、私の個人的な感覚だとにがりを飲むほうが明らかに体調がよくなっているので、過剰摂取にならないようにちょびちょび飲んでいる。まともな食事をしている人はにがりの恩恵はあまりないだろうけれど、粗食で栄養不足な貧乏人だからこそにがりの効果がバチバチ出ているのだろうと思う。
謎の体調不良になっている貧乏な人はにがりを試してみるとよいですよ。

●水分が足りないと万病のもとになる

私はにがりを飲んでも治らなかった体調不良があって、足に血栓ができて肺に詰まって肺塞栓になって死にかけたり、毎年冬になると急性副鼻腔炎になって頭痛で悶絶したりしていたのだけれど、どうやらこれは慢性的な水分不足が原因だったようである。
冬に水分不足で鼻の粘膜が乾燥してウイルスに感染してしまうのが急性副鼻腔炎の原因になっていたようで、副鼻腔炎の症状を和らげようとして鼻うがいをするよりも、水分補給をして根本原因をなくすようにしたら副鼻腔炎にならなくなった。
いままでネスカフェのおまけの小さいマグカップでコーヒーを飲んでいたのだけれどこれがいけなかったようで、コーヒーは利尿作用があって水分不足になる上に、冬はマグカップがすぐに冷めてしまってコーヒーがおいしくなくなるので飲む頻度も減って、おまけに冬には汗もかかないので水分不足になっていることに気づかなかったのである。そんでサーモスの420mlの大きめの真空断熱タンブラーがスーパーの在庫処分で安く売っていたのでそれに変えたら、保温性がましになっておいしいコーヒーががぶがぶ飲めるようになって、コーヒーだけでなく白湯も飲むようにしたので今は十分に水分補給ができているようである。水分不足だと血液量が減って低血圧にもつながるようで、風呂に入る前に水分と塩分を取るようになったらたちくらみが起きにくくなった。あと水分補給で唾液も増えたようで、歯磨きにも気を付けるようになったので虫歯にならなくなった。
肺塞栓は玉ねぎと納豆を食べて自力で血栓をとかして治して、たぶん肺胞は多少は潰れているのだろうけれど今のところ再発していないようなので当面は問題なさそうである。

というわけで、貧乏な生活をしている人は、私と同じ失敗をしないように塩分と水分の補給に気を付けるとよいですよ。にがりとタンブラーを買っても病院に行くよりは安いですよ。