三角猫の生態

楽しく貧乏に暮らすための工夫とか節約術とかを書いています。

楽しい貧乏な食費節約の基準:何を買わないか

貧乏人にとって買い物は大イベントである。限られた予算の中で何を買うか、普段の食事をどうするかによって日々の幸福度が大きく変わるので、なるべく良い食材を安く買いたい。しかしスーパーマーケットにある膨大な食品の中から、どれを買うか買わないかとか、どの店が最安値なのかと調べるのも大変である。

私の場合は基本的に自炊するので、買い物する際にいくつか節約の基準にしたがって食費を節約している。1ヶ月の食費が1万円なので、1日300円、1食100円くらいで献立を立てる必要があり、予算が厳しいので最初に買わないものを決めておけば買うか否かいちいち悩むこともなくなり、効率よく買い物ができるようになる。

・1グラム1円より高いものは贅沢品

 これは厳密な基準というよりは大まかな基準で、だいたい1グラム1円以下の食材を中心に買っていけば1ヶ月の食費が1万円くらいになる。
たとえば私が普段買っているナチュラルチーズ350gが350円くらい、とり胸肉100gが48円、食パン6枚入りで80-90円で、食パン2枚のチーズトーストととり胸肉30gを焼いたのとレタスを何枚か食べるのが私の定番の朝食だけれど、これで1食100円以下で済み、菓子パンを1個買うよりもおいしくて栄養がある。
ポテトチップスとかのスナック菓子は60グラムで80-100円くらいする贅沢品で、なおかつ栄養が偏っているので買わない。フルーツグラノーラは800g入りの大袋が650-700円くらいで買えるので1グラム1円以下で、ポテチに比べると安くて栄養があるので、これは贅沢品ではない。魚介類は高いものが多くて、たらことかタコとかはおいしいけれど100g298円くらいで季節に関係なく高くて相場が下がらないので買わない。

・加工食品は贅沢品

 私は加工食品や冷凍食品や惣菜は買わずに、肉や魚や野菜を買って自炊している。ソーセージやギョーザを買うよりも豚挽き肉を買ったほうが安いし、惣菜や弁当を買うよりも自炊するほうが変な添加物が入ってないので体に良いし、自分で作る量を調節できる。それに自分で食材を選ばないと食材を見る目が鍛えられない。見切り品の半額の魚や野菜の鮮度を見分ける眼力を普段から鍛えておかないと、食材を腐らせて無駄にしたり、腐ったものを食べて食中毒になってたりしてしまう。
それに加工食品を食べないのは健康にもよい。私は肌がきれいだと女の人にうらやましがられることが多いけれど、男なので石鹸で顔を洗ってひげをそるくらいしかしていないし、当然化粧水も使っていない。普段から加工食品を食べていないので変な添加物をとってなくて、野菜を多く食べているのが美肌の理由じゃないかと思う。私が美肌でも美肌の持ち腐れで何の役にもたっていないけれど、美肌になりたい女の人は加工食品を食べるのをやめてみたらよい。ちなみに私はうんこも臭くないけれど、これも味付けが濃い加工食品をほとんど食べないせいだろう。

・デザートは贅沢品

 私はアイスとかプリンとか甘いものが好きだけれど、あまり買わない。デザートは糖分しか栄養がないので普段食べる必要がないし、普段は最低限生命維持する程度の粗食で済ませて、特別なときに甘いものを食べるほうがうれしさが増す。
それに自分でデザートを作ったほうが安い。ホットケーキとか果物のシャーベットとかなら安くて簡単に作れておやつにちょうどよい。味はさすがに既製品に劣るけれど、どうせ糖分の塊を食べるのだから栄養にたいして違いはない。
今は飽食の時代でちょっとコンビニまで歩けばすぐにおいしいコンビニスイーツが買えるけれど、贅沢慣れして贅沢を贅沢と感じられなくなるのはかえって不幸なことかもしれない。贅沢品は足りないくらいでちょうどよい。

・コンビニの食品は贅沢品

 コンビニエンスストアというのは近くて便利だけれど、便利な分だけ割高だとわかっているものをわざわざ貧乏人が買う理由はない。そのうえ食材はおいてなくて加工品ばかりなので、私が買いたいものがない。というわけで私はコンビニのATMで入出金するときくらいしかコンビニは使わない。

・新商品は贅沢品

 新商品はたいてい量が少なくて高く、そのうえガリガリ君ナポリタン味みたいな実験的な地雷もあってはずれを引く確率が高いので、貧乏人が買うものではない。私はわらびもちのサイダー味の売れ残りが激安だったので好奇心に負けて買ってしまったけれどすぐに飽きてしまって後悔した。結局は昔からある定番の商品が一番量が多くて安くておいしいのである。

 

というわけで私は買わないものの基準を決めてから、買いたい食材だけを吟味するようにしている。徒歩圏内にスーパーが10店くらいあるので、チラシをチェックしてから生鮮食品売り場を回って見切り品の野菜や魚を見てちゃちゃっと買い物を済ませて、同様に他の店を2-3件はしごすると効率よく安い食材を買うことができて、1時間くらいのウォーキングにもなって健康によい。